病院に入院することになった際、急な入院で仕事場へ行けなくなってしまった、入院が長引きインターネットを使って動画もみたいし家族や友達とも連絡が取りたい、そんな時に病院によってはWi-Fi環境を設置しても可能な病院があります。病院によっては使用可能なエリアが決められているなどのルールはありますが、より快適な入院生活を送ることができるのはとても魅力的な事だと思います。しかし、病院は公共の生活の場でもありますので早朝、夜間は患者さんの睡眠妨害にならないためにも使用の時間を決め、パソコンを使う際はマウスの音やキーボードの音は自分では気にならないけれど周りの患者さんは不快に思うことも多い為注意しなくてはいけません。互いに快適な入院生活を送るためにも周りへの配慮が必要です。

入院生活がより快適になるネット環境

入院中はできることが限られてきてしまいます。患者さんの中にはやむを得ず長い入院生活を送っている方もいるかと思います。入院生活は意外と時間がすぎるのが長く時間をもてあましてしまうこともあります。中には仕事の確認をしたい、メールでのやりとりを行いたい方もいるかと思います。デザリングでも電波は確保することができますが、使用しているとあっという間に通信制限がかかってしまいます。そんな時、病院内でwifi環境が設置してあると通信制限を気にすることなくインターネットを繋いでのやり取りが可能になる為仕事のストレス、入院生活が少し快適になります。子供が入院した場合は動画やDVDをみることができる環境があるだけでも少し気分転換にもなり、より快適な入院生活を送ることができます。

病院内での注意事項をしっかり把握する

病院内にwifi環境を設置する際、wifiのルーター自体は、携帯電話と同様の電波を使用しているため注意が必要です。病院内で使用している生命維持に関わる機器に誤作動や故障を引き起こさせる可能性もありますし、病院内には様々な精密な機械が数多く存在します。携帯電話使用が禁止のエリアでは絶対に使用してはいけません。また、病院によっても待合室では禁止されていても病室では使用可能な病院もありますので、よく病院に確認したうえ使用して頂くといいかと思います。wifiルーター使用可能な病院でも建物の構造上どうしても電波の入りにくい環境もありますので、使用がスムーズにいかない場合もあります。動画等再生する場合も他の入院患者さんもいますので音量等公共マナーを守って使用して頂く必要があります。