病院で患者用のWi-Fiを設置する病院が増えています。以前は医療機器の誤作動の可能性が高いとして、無線LAN(Wi-Fi)の設置が敬遠されてきました。医師、看護師など医療従事者が医療機器に影響のないPHSを利用しているのはそのためです。最近の調査では無線LANが医療機器に悪影響を与えないという結果が出ています。現在の病院は電子カルテなどICT化が進んでおり、医療用のWi-Fi環境を整えています。幅広くWi-Fi環境を提供すると、個人情報など重要な情報が盗まれる可能性が高いと指摘されています。そのため医療用のWi-Fiのシステムとは別に患者用のWi-Fiシステムを構築しています。通信データの暗号化も高度化していますので、個人情報などの流出のリスクも抑えられています。医療機器の誤作動や個人情報の流出などの安全が確保できたことにより、患者の利便性の向上などのためにWi-Fiを無料で提供する病院が増えています。

病院が提供する患者用wifiへの接続の仕方

wifiが使える場所は病院によって違いますが、主な場所は外来の待合室、病室になります。病院がwifiの設置に力を入れているのが、外来の待合室です。忙しく待ち時間がもったいない、待ち時間を持て余すなど、患者にとっては診察までの待ち時間が負担になります。診察を待っている患者の利便性と快適性の向上のためにwifi環境を提供したいとの病院の考えです。wifiを利用するためには、自分で接続する必要があります。待合室に接続の仕方が掲示してあったり、ホームページに掲載してあったりする場合もあります。ホームページですと、病院またはwifiサービス会社のいずれかに掲載してあります。いずれにせよ、wifiが使用できる案内が病院内に掲示してあります。多くの病院が接続の仕方について個別サポートをしていませんので、設定に自信のない方は事前に詳しい方に聞いて設定するなど準備してください。

病院にwifiが設置されている魅力とは

wifiが設置されていると携帯会社の通信料金を気にせず使えるのが魅力です。待ち時間に用事や仕事をすることができます。暇を持て余している人なら動画を観たり、ホームページを見たり時間を過ごすことができます。wifiが設置されていない病院が多い中で、設置している病院は患者の声を聞き、患者目線で考えて改善してくれる病院であるといえます。病院にとっても、患者の利便性、快適性を考えてwifiを設置することは、来院者を増やすことにも繋がります。病院にとっても患者にとってもいいことです。スマートフォン、タブレット等を使用する人が増えていますので、それに伴いwifiを設置する病院もこれから増えていきます。既に設置している病院では、設置する範囲を病室に広げ、入院患者が快適に過ごせる環境を作っていくなど新たな段階に入っています。