皆さんの中にも普段からカフェやコンビニ等で無料のWi-Fiを使用していると思います。様々な場所に現在設置されていますが、今回は意外な場所を一つご紹介します。それは病院です。一昔前までは病院で通信機器を使用することは患者の生命維持機器に影響を及ぼす可能性があるとして、避けられていました。ですが、今となってはその状況も大きく変わりました。携帯電話やPCをはじめ電位機器の利用が可能な環境はごく一般的ですし、Wi-Fiが設置されている病院が増えています。ここでは病院にあるWi-Fiの魅力や活用のメリット、利用方法や注意点について紹介します。大事なメールを送らなければならない、調べ物をしたい等、必要な時にネットがスムーズに使用できるよう対策をとっておけば、かなり便利なサービスです。

病院のwifiの魅力とメリット

病気やけがで入院している人々は外界の情報が物理的に遮断されがちです。情報を入手するためにwifiは非常に魅力的なサービスです。世界の情勢や経済にニュースに関心を持っている方はビジネスマンや投資家を中心に多くいます。ケータイでニュースをチェックしようにもデータ通信量に制限があったり速度が低下したりするので、ストレスを感じる方も多いかと思います。そんな方々にとってwifiはまさにライフラインとも呼べる存在になるのです。また、入院生活は退屈なものです。普段から退屈な時間を埋めるために、動画共有サイトで動画を見たり、音楽を聴いたりするという方は多く、同様な過ごし方が入院中に出来るだけで、入院が苦でなくなります。このように病院でwifiが使えるようになると入院生活が非常に快適になります。入院のさいにはまずwifi設置の有無を確かめておけば、入院後に困ることもありません。

病院に設置されているwifiの利用方法と注意点

病院に設置されているwifiの使用方法は事前に調べておくとよいです。各病院のホームページには無料wifiの有無や利用案内といった情報が出ています。そこでは接続ネットワーク名やパスワードが書かれていることや院内のどこに掲示されているかが紹介されています。前もってこういった情報を押さえておくことで、スムーズにネット環境を使用できます。設定等の専門的な問い合わせに対応してくれない場合もあるので気を付けましょう。注意点としては使用可能な時間帯と使用可能区域を把握しておくという事です。病院によっては朝7時から夜7時までと規定されている場合や、院内のカフェや待合室のみに利用が制限されているところが多いです。どこでいつまで使えるのか調べておくと、いざという時に使えないという事が減るので、トラブルを防ぐことが出来ます。以上の点に注意して快適な入院生活を過ごしていただきたいです。