一般的に大規模な病院では、外来患者さんの受付待ち時間への配慮と入院されている患者に対する利便性や時流対応の視点から公衆無線LANに接続できるWi-Fiの導入設置が増加しています。背景には、パソコンやスマートフォン及びタブレット等のモバイル通信機器の普及拡大から、通信機器がビジネスのみならず生活必需品の一部になっており、通信環境の整備が必要となっています。突発的な災害の発生時、病院内にてスマートフォンの使用が出来ない場合、問題となる事は明白です。一方、病院関係者や設備面でもWi-Fiを運用しています。例えば、ドクター間の共有情報の交換のため複数パソコンが利用しています。また、医療現場では、血圧や心拍数を常時測定する医療機器などから、測定データを通信し他の場所でモニターチェックします。このように大病院ではなくてはならない通信技術と言えます。

病院に設置されているwifiがもたらすメリット

現状、パソコンやスマートフォンの活用は、利便性と効率性を生みだし、今や仕事や生活に欠かせない重要な手段であり、社会全体の通信環境の構築にも大きく影響しています。この状況下、公共施設や人の集まるスポットを中心に通信端末機器の使用が可能となるようwifiの導入設置が加速しています。身近な施設である病院においても、医療現場並びに患者さんのために設置されています。特に外来と入院病棟の多い病院では、必要不可欠な通信装置となります。wifiが病院にもたらすメリットは、まず医療業務従事者の業務効率向上と膨大な治療データの活用がスムーズになります。また、外来者や軽症な入院患者さん等が通信端末機で業務チェックや外部とコミュニケーションをとる事が可能となります。中には、現状の症状や病気と対峙している心境をブログに綴り、発信、そのことが心の支えになっている例もあり、大きなメリットをもたらしています。

病院がwifiの設置導入をする目的や背景

地域の特定病院や療養型医療施設の病院では、多くの外来の方と患者さんが入院しています。昨今、大病院は施設を利用される方の要望や建設的な意見に対し、改善や新しい取り組み等の善後策を勘案し、より快適に病院利用が可能になるべく対応に努めてくれます。そのひとつに、病院内でインターネット通信機器の利用要望があり、公衆無線LANにネットワークするwifiの設置を行っています。設置により、病院によっては待合室でも病室でもインターネットに接続可能となり、利用者の満足度が向上しています。特に大切な点は、災害発生の場合、地域の災害拠点指定病院はその機能が必要となります。非常時に携帯電話の通信網が混雑し不通となった場合、wifiを経由し通信連絡を取ることができます。従って、wifiの設置は、病院と利用者にとって、大変重要な装置と言えるでしょう。

オフィスで利用する電話機に様々な機能を手軽に導入できます。 病院施設やホテル、業務効率化を目指す企業の導入事例を紹介しています。 お問い合わせフォームから資料請求が可能です。 PBXへの不正アクセスがあればメールに通知が来るというような検出オプションがあります。 最新機能を取り入れたタッチパネル式で簡単にナースコールを扱うことができます。 池袋で人気のメンズ脱毛「リンクス」はこちらです